• 永代供養墓と普通のお墓との違い

    最近では、お墓事情も昔と違って多様に変化してきています。永代供養墓とは、今までのお墓と何処が違うのでしょうか。



    普通のお墓は、代々受け継ぎ毎年管理費を払いお盆や彼岸家族が亡くなった時にはお経料や供養料などを納めます。

    永代供養墓では、元々合祀墓ですから自分の分だけ始めに収めてしまえば追加は必要ありません。
    お寺によって当初払い込む金額や、費用の中に含まれる事柄も違ってきます。
    大まかに埋葬料、永代供養料、永代使用料、永代管理料です。

    お寺や寺院によっては、お名前をプレートで刻印しているお寺も有りますが刻印をしないお寺や寺院も有るので良く調べて決めた方が良いようです。


    、個人の望む事で叶えられる事であれば叶えてもらえます。家族が有る場合、戒名だけは付けてもらいたいと思う方や位牌は作りたいと考える方もいます。
    自分達一代限りで後を託せる家族が居ない方、自分の死んだ後に、家族の負担にならない様に永代供養墓を選ぶ人が少なからずいます。

    永代供養墓でも、樹木墓、納骨墓、個人墓や夫婦墓も有ります。


    三十三回忌までは、どの様な永代供養墓を選んでも永代供養料として納てありますので供養して頂けます。

    継続していくには、子孫への負担は大きいですお寺によっては多額のご寄附を要求する宗派もあります。
    後を取る子孫が無い方で、寺院から墓所の購入を断られる事も有る様です。

    ターゲットに応じた日本経済新聞情報選びをお手伝いするサイトです。

    一代限りで終わるのであれば、いざその時が来ても生前に決めたとおりに埋葬から供養をしていただけますから安心です。