• これからは永代供養も一つの選択肢

    永代供養というと、言葉の響きはいいのですが、面倒を見てくれるお寺さんなどに、先々の法事関係をすべて委ねるということですから、見ようによっては心無いことということにもなりかねません。

    仏様の行事関係を大事にしてきた人からすれば、三回忌とか七回忌、十三回忌などの法事を自分の手で執り行わないで、委ねてしまっていいのだろうかということになりそうです。



    でも、今日の社会の仕組みや家族関係などを考えると、お通夜、告別式そして初七日法要はともかくとして、その後の法事関係をすべて永代供養という形で、お寺さんなどにお願いするのも現実的な対処と言えそうです。

    livedoorニュースの知りたかった情報がきっと見つかります。

    お寺さんなどお引き受けくださったところでは、喪主や施主に代わって、その時期が来ればお経を唱え、花なども供え、供養をしてくださるわけで、それは残された遺族に代わって全身全霊で対応してくれるはずです。

    知って得する千葉の樹木葬の検索がとっても楽になりました。

    法事の日程に合わせて、仕事の調整をしたり、親戚の皆さんのお手を煩わせたり、様々なお付き合いをしていただくというのも、難しいものに成ったりすることもあり、だからと言って何もしないでいるというよりは、亡くなった方への供養ということを考えれば、永代供養をいう形で、然るべきところに、この先ずっと面倒見ていただくという方が良いということにもなります。特に、家族の一員と言える人が少なく、兄弟もいないとかという場合、喪主や施主に当たる本人に万が一のことがあれば、仏様に手を合わせたり、お線香をお供えする人もいなくなるということにもなってしまいます。