• 永代供養も永久ではなく期限があると言う誤解

    • 最近では、少子化や核家族化の影響で、従来のお墓を維持する事が困難となり、永代供養墓や納骨堂などの永代供養してもらえる施設に納骨される方が増えています。
      従来のお墓は、毎年の管理費などが納められなくなれば、一定の告知期間を経ると、無縁仏として無縁墓などに合祀され、お墓は撤去されてしまいます。

      折角高いお金を払っても、何代も経ぬ間に無縁化するのはもったいなく、また男子の子供や孫が居ても、そうした家族に負担を掛けたくないと言う想いから永代供養を選択されるケースが増え続けているのです。

      永代供養は、納骨時に一定の金額を納めれば、無縁化する事無く文字通り永久に供養してもらえると言うものです。

      しかしこの永代供養も永久ではなく、一定の期限があるのだと言う話を時々聞きます。

      エキサイトニュースの様々な情報を掲載しています。

      これは恐らく個別の骨壺に納めて納骨されたものが、一定の期間を経過すると骨壺から遺骨が取りだされ、合祀される事が多く、この埋葬方法が変る事を指して言われているものと思われます。


      これは、納骨堂等のスペースの問題からとられる方策です。

      この埋葬方法の変更のタイミングは、施設によって異なりますが、一般的には三十三回忌を持ってと言う所が多いようです。

      千葉の永代供養墓の情報はココで集まります。

      しかしこの埋葬方法が三十三回忌を持って変わったとしても、故人に対して永久に供養してもらえる事に違いはありません。
      永久に供養してもらえると言う点では、何ら心配する必要はなく、安心して納骨されれば良いと言えます。



  • 社会の特徴

    • これからは永代供養も一つの選択肢

      永代供養というと、言葉の響きはいいのですが、面倒を見てくれるお寺さんなどに、先々の法事関係をすべて委ねるということですから、見ようによっては心無いことということにもなりかねません。仏様の行事関係を大事にしてきた人からすれば、三回忌とか七回忌、十三回忌などの法事を自分の手で執り行わないで、委ねてしまっていいのだろうかということになりそうです。...

  • 社会について思うこと

    • 永代供養を知っておく

      永代供養を知っておくと、お墓の事で悩む事も少なくなるでしょう。田舎から出てきて現在の土地に住み、お墓が遠方にある方や、経済的な理由でお墓を購入できない方、身寄りのない方や、お子さんのいらっしゃらない方、お子さんはいても、墓守を頼めない状態である方、お子さんに墓守等の面倒をさせたくない方などに、永代供養をしてくださる寺院はお薦めです。...

  • 社会関係の真実・注目情報

    • 今注目の永代供養墓とは

      永代供養墓とは、後継ぎの有無に関係なく、供養と管理が約束されるお墓のことです。生前に申込むこともでき、従来とは異なる新しいお墓の形態として、社会的にも大きな注目を集めています。...

    • 永代供養墓と普通のお墓との違い

      最近では、お墓事情も昔と違って多様に変化してきています。永代供養墓とは、今までのお墓と何処が違うのでしょうか。...